Case09 新しい想いと昔の想いが重なった茅ヶ崎の家|湘南の注文建築ならハウスゼロ

ゼロがつくった家 施工例

Case09 新しい想いと昔の想いが重なった茅ヶ崎の家

シンプル・イズ・ベスト、まさにその言葉が当てはまる、モノトーン色で構成されたハイセンスなお住まいです。

まず玄関を開けると真っ白な光景が飛び込んできます。大理石の床、真っ白な壁、なんとも壁の曲線とダウンライトが雰囲気を醸し出しますね。

続いて1つは欲しい和室ですが、琉球畳を使用しております。琉球畳は交互に目の方向を変えて並べるので、写真の様に色の濃淡が変化して見え、美しく映えます。
そしてこの和室には、前の家で使用されておりました欄間を持ってきてはめ込みました。長年暮らしてきて愛着のある前の家、愛着のある我が家と離れるのはさみしいものです。施主様と建築家の想いからこの様な造作が生まれました。

階段は勾配天井に仕上げることで、昼間でも暗くなり易い階段部分を、天窓を取り入れることでとても明るくなっております。同じくリビングは勾配を使って天井高さを取ることで解放感を出し、間接照明を用いて柔らかな空間を作り出しております。
また、ウォールナット色のダークブラウンを床・キッチンカウンターなどの造作に、ポイントに黒を取り入れる他は真っ白に仕上げ、高級感・清潔感のあるコントラストを生み出しております。

高級感のある今回の住まい。その実は、目に見えないところにある優れた構造に支えられています。
当初施主様が大手ハウスメーカーで軽量鉄骨による建築を計画されておりました。弊社との打合せの中で、もっと重厚な鉄骨を使って安心できる住まいを計画することになり、比較にならないくらいの太い鉄骨を使用致しました。
さらに、断熱にポリウレタンフォームを隙間なく吹き付け、ALC版で囲うことによりさらに重厚などっしりとした造りになっております。

高級感のある見た目だけではなく、本当に安心して暮らせる家を実現したのは、施主様と造り上げる本当の自由設計と精細な気配りがうまく結実したからではないでしょうか。